金澤陸別町長,道東道足寄-小利別間整備着手を要望 

b0171771_9381271.jpg
写真:道東自動車道・本別インターチェンジ入口/2011年8月撮影

 10月30日,金澤紘一陸別町長は,国土交通省で中原八一国交大臣政務官に会い,着工凍結区間となっている 道東自動車道・足寄-陸別町小利別間 ・約51kmの早期整備着手などを求めました。

 十勝毎日新聞が, 「道東道足寄-小利別間の早期整備着手要望 金澤陸別町長」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 金澤紘一陸別町長は30日,国土交通省で中原八一国交大臣政務官に会い,着工凍結区間となっている道東自動車道・足寄-陸別町小利別間(約51キロ)の早期整備着手などを求めた。道東道延伸に関する金澤町長の単独での中央要望は初めて。中原政務官も検討する考えを示した。

 現政権が重点を置く国土強靱(きょうじん)化政策を事業化の追い風と判断した中川郁子衆院議員が面会を調整した。同政策の反映が見込まれる来年度の予算編成が本格化するタイミングで,面会には中川氏も同席した。

 金澤町長は中原政務官に(1)足寄-小利別間の早期整備着手(2)小利別-北見間の整備促進-を記した要望書を提出。幹線道路ネットワークが物流,観光,医療に及ぼす効果を強調し,「全国,世界から来る人のためになる」と訴えた。中原政務官は「自民党政権のときに凍結されたのは残念だった。事情は中川先生からも聞いてよく承知しているので,しっかり検討したい」と応じた。

 中原政務官は中川氏と共に,自民党国土強靱化総合調査会長の二階俊博元経産相が会長を務める党志帥会に所属している。

 道東道足寄-北見間(約79キロ)の全体事業費は1072億円。小利別-北見間約28キロは国直轄で北見側から整備が進み,北見西-訓子府間は2014年度,訓子府-小利別間は16年度に開通予定。一方,足寄-小利別間は既存の国道と並行する部分が多く,費用対効果の面などから,国交相の諮問機関の国土開発幹線自動車道建設会議が06年に着工を凍結した。(岩城由彦)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・陸別めーる 2013年10月31日の記事
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

地図青☆印:陸別町小利別地区 緑☆印:道東道足寄IC 赤☆印:道東道本別IC オレンジ☆印:北見市

[PR]
by hombetu | 2013-11-12 06:50 | 陸別町の様子 | Comments(0)