糠平湖でヤマベとニジマスを放流 

 10月22日,上士幌町は,糠平湖で ヤマベとニジマスの稚魚を放流 しました。毎年恒例の行事で,参加者は魚の成長を願いながら,作業を行いました。

 十勝毎日新聞が, 「ヤマベとニジマスを放流 上士幌 」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【上士幌】町は22日,糠平湖でヤマベとニジマスの稚魚を放流した。参加者は魚の成長を願いながら,バケツなどで湖に移し入れた。

 毎年恒例の行事。町商工観光課の職員とNPO法人ひがし大雪自然ガイドセンター(河田充代表)の職員ら7人で作業を行った。

 トラックの水槽からバケツで魚をすくい上げたり,水槽から直接魚を流し込んだりして,160キロ(約1万6000尾)のヤマベと75キロ(約6200尾)のニジマスを放流した。体長10センチ前後の魚はしばらく岸を泳いでいた。

 同課の杉原祐二主幹は「元気に育って,釣り人に喜んでもらいたい」と話していた。(津田恭平)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2013年10月24日の記事
http://www.tokachimail.com/kamishihoro/

b0171771_5492873.jpg
写真:糠平湖
[PR]
by hombetu | 2013-10-31 06:45 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)