本別で銀河線望郷トレイル

b0171771_8101152.jpg
旧ふるさと銀河線本別駅構内跨線橋

 本別町などは10月14日,初の試みとなる  ほんべつ ふるさと銀河線望郷トレイル を開きます。
 本別町内に残る銀河線の線路跡9kmを,自然や食を楽しみながら歩く計画で,旧岡女堂駅を出発し,旧本別駅を経て旧仙美里駅まで歩きます。
 途中では,本別川鉄橋や旧本別駅の跨(こ)線橋といった史跡や,収穫時期の田園風景を眺める予定です。

 十勝毎日新聞が, 「10月14日に初の銀河線望郷トレイル 本別」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】町などは10月14日午前11時から,初の試みとなる「ほんべつ ふるさと銀河線望郷トレイル」を開く。町内に残る銀河線の線路跡9キロを,自然や食を楽しみながら歩く。

 同線の旧岡女堂駅を出発し,旧本別駅を経て旧仙美里駅まで歩く。レール撤去後の線路跡がコース。途中では本別川鉄橋(通行不可)や旧本別駅の跨(こ)線橋といった史跡や,収穫時期の田園風景を眺めることができる。

 希望者には,旧本別駅で本別産食材を使ったトレイル特製弁当を販売。本別-仙美里間では畑の茶屋で休憩する。駅長姿の本別町長と写真撮影し,各駅の刻印を版画技法「フロッタージュ(擦り出し)」で記念に残す。

 記念切符ほか,ゴールすると「完歩証」がもらえる。ゴール後は旧足寄駅までバスで移動し休憩する。

 定員40人。事前登録が必要。当日はJR帯広駅午前9時45分発の無料お迎えバスを運行する。自家用車の人は同10時半に仙美里駅に集合する。申し込み,問い合わせは町役場(0156・22・8121)か,NPO法人コミュニティシンクタンクあうるず(0155・67・6305)へ。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2013年09月24日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
by hombetu | 2013-10-04 08:03 | 本別町の様子 | Comments(0)