銀河の森天文台が幻月を撮影

b0171771_6565325.jpg
写真:りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台2011年8月撮影

 9月19日夜,月の両側に幻の月が現れる  され,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台が撮影に成功しました。
 幻月は,月の光が大気中の氷の結晶などに当たり,反射,屈折して発生します。

 十勝毎日新聞が, 「幻月を撮影 陸別銀河の森天文台」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【陸別】月の両側に幻の月が現れる「幻月(げんげつ)」という現象が19日夜,観測され,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が撮影に成功した。

 月の光が大気中の氷の結晶などに当たり,反射,屈折して発生する現象。同天文台の東の空に,午後6時ごろから約30分間にわたり現れた。居合わせた来館者からは「何これ」「すごい」と歓声が上がった。

 同天文台が幻月の撮影に成功したのは2011年6月以来。撮影した筧伸浩主任は「幻日(げんじつ)はよく知られているが,月は光が弱く,淡すぎてきれいに出てこない。月の両脇にうっすらと浮かび上がっていた」と話している。
(菊池宗矩)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・陸別めーる 2013年09月20日の記事
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/
[PR]