JAXA,超薄膜高高度気球打ち上げ実験

 9月20日早朝,宇宙航空研究開発機構(JAXA)は,大樹町多目的航空公園内の大樹航空宇宙実験場で 「超薄膜高高度気球」の打ち上げ実験 を行いました。
 世界で最も薄い気球用フィルムで製作した気球の飛翔性能と運用技術を確認しました。高度は従来の無人気球の世界最高高度・53kmを越えたとみられるとのことです。

 十勝毎日新聞が, 「超薄膜高高度気球,世界高度更新か」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【大樹】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日早朝,大樹町多目的航空公園内の大樹航空宇宙実験場で「超薄膜高高度気球」の打ち上げ実験を行った。世界で最も薄い気球用フィルムで製作した気球の飛翔性能と運用技術を確認。高度は従来の無人気球の世界最高高度(53キロ)を越えたとみられる。

 今年度の第2次実験(7月30日~9月22日)の1基目。同期間内には大小2基を放球予定だったが,第1次実験(5月7日~6月23日)期間中の6月に気球と実験機器を切り離す器具(ロープカッター)の誤作動で大気球が落下した不具合の原因究明と対策調整のめどが立たず,放球を見送っていた。

 超薄膜高高度気球はより高く飛ばすことを目指している。従来の世界最高高度は2002年に岩手県三陸町(現大船渡市)で3.4マイクロメートル(100分の3.4ミリ)フィルムで到達。大樹では2011年に,今回と同じ2.8マイクロメートル(同2.8ミリ)で挑戦したが,フィルムが破れて14.7キロにとどまった。今回は2年ぶりの実験で,最高高度の更新を目指した。

 午前5時25分ごろに放球された気球は順調に高度を上げ,数時間後に大樹沖に着水。詳しいデータは正午現在,JAXAが確認している。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2013年09月20日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201309/20130920-0016658.php

b0171771_2135820.jpg
参考写真:BLAST(英語版)望遠鏡の高高度気球による打ち上げ準備,2005年6月12日
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/42/BLAST_on_flightline_balloon_filling_kiruna_2005.jpeg/800px-BLAST_on_flightline_balloon_filling_kiruna_2005.jpeg

参考:高高度気球
 高高度気球(こうこうどききゅう)は,成層圏などの高層大気に放たれる気球のこと。水素やヘリウムが充填され,18kmから37km程度までの高さに到達する。高度の高い場所まで到達させるため薄膜でできたものが主であり,より効率的な薄膜の開発なども行われている。
 現代の気球は一般的に送信機,カメラ,GPS端末などの衛星測位機器などの電子器機を乗せている。これらの気球は空気の非常に薄い近宇宙圏の高度まで到達するが,衛星としては高度が十分でない。
 南極では季節風によって気球が打ち上げ位置から非常に近くに戻る性質があり,気球を主とした研究では人気の場所となっている。

利用[編集]
 高度気球で最も古く,最も一般的なものは観測気球である。高高度気球に積んださまざまな計器装置によって磁場現象や大気流,宇宙線やオゾン層など多くの分野での科学的データの収集が可能であり,細密な気象観測が可能になる。また,天体観測用の機材を組み込むことで対流圏のような低層大気中よりも効率のよい天体観測も可能である。
 また,高層大気の実験プラットフォームとして利用されるほか,高高度から実験装置を落下させることによって微小重力実験を行う試みもあり,微小重力環境での材料化学実験などが行われる[1]。
 CubeSatと比べてもと遙かに安価なため,研究室レベルの小規模な研究や複数回の調査が必要な研究など,予算が限られていても実施しやすいという利点がある。
 冷戦中にはゲネトリクス計画で軍事偵察用としても使われている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%AB%98%E5%BA%A6%E6%B0%97%E7%90%83
[PR]
by hombetu | 2013-09-21 06:31 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)