本別別で絵本作家を招き,読みきかせの講習

b0171771_1585771.jpg
写真:本別町立図書館2011年8月撮影

 8月20日,本別町立図書館ボランティア 「ぶっくる」の主催で「読み聞かせ勉強会」  が,図書館視聴覚室で開かれました。
 美瑛町出身で絵本作家の後路(うしろ)好章さんを講師にお招きして,乳幼児や児童に絵本を読み聞かせるコツを教えていただきました。

参考:編集者・絵本作家 後路好章さん「絵本で楽しむ親子のかかわりあい」(前編)
http://mi-te.jp/contents/cafe/1-1-1708/

参考:編集者・絵本作家 後路好章さん「絵本で楽しむ親子のかかわりあい」(後編)
http://mi-te.jp/contents/cafe/1-1-1709/

 十勝毎日新聞が, 「絵本作家招き読みきかせのコツ学ぶ 本別」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】町図書館ボランティア「ぶっくる」が主催する読み聞かせ勉強会が20日、同図書館視聴覚室で開かれた。絵本作家の後路(うしろ)好章さん(東京)が乳幼児や児童に絵本を読み聞かせるコツを伝えた。

 後路さんは、子供の年齢に応じた読み方や絵本の選び方を紹介。0歳児は親子がおもちゃを楽しむように読む「いっしょ読み」、1歳児は「だっこ読み」などで、実際に参加した幼児に絵本を読んで見せた。

 絵本に対する乳幼児の反応は十人十色だとし、「『赤ちゃんはこうだ』とマニュアル的に考えない方がいい。赤ちゃんに寄り添う余裕を持って読んでほしい」とアドバイスした。

 後路さんは上川管内美瑛町生まれ。児童書籍のアリス館(東京)で編集長を務め、現在は赤ちゃん絵本研究会代表などとして活動している。勉強会にはボランティアのメンバーや親子連れなど約20人参加し、後路さんの実践的な話に熱心に耳を傾けた。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2013年08月23日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
by hombetu | 2013-09-02 06:04 | 本別町の様子 | Comments(0)