神田日勝記念美術館で「室内楽の夕べ」

 7月27日,鹿追町の神田日勝記念美術館展示室で, コンサート「室内楽の夕べ」 が開かれました。
 開催中の特別企画展「室内における人間像~その空間と存在」の関連事業で,小樽出身のソプラノ歌手一鐵久美子さん,北海道教育大出身のフルート奏者北濱侑樹さん,ドイツや日本で活躍するピアニスト新堀聡子さんがの演奏に,参加者は聴き入っていました。

 十勝毎日新聞が, 「美しい響きにうっとり 神田日勝記念美術館で室内楽の夕べ 」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【鹿追】神田日勝記念美術館展示室で7月27日、コンサート「室内楽の夕べ」が開かれた。町民ら55人が訪れ、美しい響きに聴き入った。

 開催中の開館20周年特別企画展「室内における人間像~その空間と存在」の関連事業。小樽出身のソプラノ歌手一鐵久美子さん、道教育大出身のフルート奏者北濱侑樹さん、ドイツや日本で活躍するピアニスト新堀聡子さんが出演した。

 コンサートを企画した南聡氏(道教育大教授)が楽曲を説明し、「20世紀の芸術運動で生まれたさまざまな音楽表現を聞いてほしい」と述べた。

 ドビュッシーの「シランクス」、サン・サーンスの「見えない笛」、音更出身の作曲家江尻栄の歌曲「白狐」など、欧州や日本の近代楽曲が披露され、聴衆を魅了した。(那須野唯通信員)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・鹿追めーる 2013年01月04日の記事
http://www.tokachimail.com/shikaoi/

b0171771_20185171.jpg
写真:「室内楽の夕べ」プログラム
http://kandanissho.com/infomation/data/153.jpg
[PR]
by hombetu | 2013-08-07 07:05 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)