阪神淡路大震災の被災猫「チビ」が死去

 1995年1月に発生した阪神淡路大震災で迷い猫となり、芽室町上美生の養魚業高橋博さんに引き取られて育てられてきた 猫の「チビ」が、息を引き取りました。
 その日は,高橋さん宅にやってきた日とまったく同じ7月18日でした。

 十勝毎日新聞, 「被災猫『チビ』天国へ 阪神大震災から18年」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【芽室】1995年1月に発生した阪神淡路大震災で迷い猫となり、町上美生の養魚業高橋博さん(71)に引き取られて育てられてきた猫の「チビ」が、高橋さん宅にやってきた日とまったく同じ7月18日に息を引き取った。高橋さんはチビとの18年間を振り返り、「寂しいが、悔いのないようにかわいがることができた」と話している。

 チビが高橋さん宅にやってきたのは95年の7月18日。大震災で飼い主を失った犬・猫の里親を十勝管内で探すボランティアをしていた知人から被災犬・猫の話を聞き、引き受けることを決めた。

 高橋さんは帯広空港で猫と初めて対面したときの印象そのままに「チビ」と名付けた。チビは雑種で、十勝に来たときはまだ子猫だった。

 人懐こく、おとなしいチビはニジマスなどの養魚業と魚料理を提供する「高橋養魚場」で客にもかわいがられた。「とても行儀が良く、魚や魚料理に手を出すこともなかった。商売繁盛の“招き猫”だった」と高橋さん。

 時には除雪車の作業に巻き込まれ雪山に埋まりかけているところを発見されたり、野良猫に追いかけられて数日間、行方不明になるといった“事件”に遭遇。それでも、大震災でも失われることのなかった生命力の強さで、生まれ故郷から遠く離れた十勝の地でも立派に生き抜いた。

 今月に入りチビは、死期が近いことを悟ったように食事中の高橋さんの足の上に乗って体を寄せるようになり、日がたつにつれて食欲もなくなっていった。

 「最期くらいはおいしいものを」と高橋さんは酒やたばこを我慢してチビに高級なキャットフードを与えるなど愛情を注いだが、18日朝、高橋さんに見守られながら息を引き取った。高橋さんの妻美江子さん(68)は「孫たちにも身をもって命の尊さを教えてくれた」としみじみと話す。

 「18年前にやってきた日と同じ日に亡くなることに何か意味があるのかも」−。愛猫を失った喪失感を押して、高橋さんは笑顔で話していた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2013年07月19日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201307/20130719-0016167.php
[PR]
by hombetu | 2013-07-29 06:42 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)