上士幌のタウシュベツ川橋梁が,まっぷる全国の橋10位

 旅行ガイドブック「まっぷる」などを出版している昭文社がまとめた「まっぷるが選ぶ日本全国の橋おすすめTOP10」で,旧国鉄士幌線の タウシュベツ川橋梁が10位にランクイン しました。
 テレビ番組「ランク王国」(TBS系列、4月27日放送)で発表され、話題となっています。

 十勝毎日新聞, 「まっぷる全国の橋10位にタウシュベツ川橋梁 上士幌」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【上士幌】旅行ガイドブック「まっぷる」などを出版している昭文社(本社東京)がまとめた「まっぷるが選ぶ日本全国の橋おすすめTOP10」で、旧国鉄士幌線のタウシュベツ川橋梁(きょうりょう)が10位にランクインした。テレビ番組「ランク王国」(TBS系列、4月27日放送)で発表され、話題となっている。

 同ランキングは同社で20年以上ガイドブックなどの製作に携わり、鉄道や全国の橋にも詳しいベテラン編集担当者が「ぜひ訪れてほしい橋」として、景観などの面から選定した。道内からは唯一、同橋梁が選ばれた。1位には、兵庫県神戸市と淡路市を結ぶ全長3911メートルの「明石海峡大橋」が入った。

 タウシュベツ川橋梁が10位に選ばれた理由について同社は、(1)渇水期にのみその全容を現す幻の橋として歴史的、景観的、叙情的にも希少な橋梁である(2)人工構造物が自然に朽ちていき、やがて大自然と一体化していく状況が栄枯盛衰の習いに通じる(3)地元NPOなどがその価値を見いだし、見学ツアーなどを通じて魅力を伝える活動をしている-などを挙げた。

 テレビ番組放送後、同町のホームページにある同橋梁のページへのアクセスが増えるなど反響を呼んでいる。今回のランクインの影響に限らず、今年は町に同橋梁に関する問い合わせが多く寄せられているという。

 竹中貢町長は「名だたる全国の橋の中でベスト10に入ったのはうれしい」と喜ぶ。旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋の保存活動などに取り組む町内のNPO法人「ひがし大雪アーチ橋友の会」(那須襄太郎会長)の角田久和事務局長は「完全な姿を見られるのはあと少しかもしれないので、早めに見に来て」と呼び掛けている。

 同橋梁は現在、展望台から全景を見ることができるが、ダム湖の増水に伴い、例年6月ごろから沈み始め、8~10月には完全に姿が見えなくなる。近年、老朽化が急激に進み、崩壊の恐れも指摘されている。(津田恭平)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・上士幌めーる 2013年05月13日の記事
http://www.tokachimail.com/kamishihoro/

b0171771_2335586.jpg
写真:タウシュベツ川橋梁
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Taushubetsu_Bridge_0703.jpg
[PR]
by hombetu | 2013-05-20 06:34 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)