佐々木麻菜さん,全国洋舞コンクールで1位

b0171771_3462937.jpg
参考写真:兵庫県神戸文化ホールの大ホール・中ホール
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Kobe_bunka_hall01s3200.jpg

 帯広のエスバレエスタヂオ所属の佐々木麻菜さんが,若手ダンサーの登竜門 第26回こうべ全国洋舞コンクール (5月3〜6日・兵庫県神戸文化ホール、実行委主催)女性ジュニア1部で最高賞の1位に輝きました。
 このコンクールは多くのプロダンサーを輩出しており,第23回大会の同部で1位を受賞した菅井円加さんが2012年の「ローザンヌ国際バレエコンクール」で優勝しています。

 クラシックバレエ部門 女性ジュニア1部結果
 
△1位:佐々木 麻菜<アレキナーダ>よりVa./エス バレエ スタヂオ
 △2位:嘉村 菜々美<エスメラルダ>よりVa/MBSマリバレエスクール
 △3位:池田 絢音<海賊>よりVa/一柳多鶴バレエ学園

 十勝毎日新聞が, 「バレエ若手全国登竜門で佐々木さん最高賞」 と伝えています。

 エスバレエスタヂオ(帯広、佐々木小百合さん主宰)の佐々木麻菜さんが若手ダンサーの登竜門「第26回こうべ全国洋舞コンクール」(5月3〜6日・兵庫県神戸文化ホール、実行委主催)女性ジュニア1部で最高賞の1位に輝いた。プロのバレリーナを目指す麻菜さんは「人の心に響く踊りをしたい」とさらなる飛躍を誓っている。

 麻菜さんは小百合さんの長女で4歳からバレエを始めた。プロのバレリーナを志して高校を中退し、2011年3月から11月までロシアに単身留学。帰国後は小百合さんの下でレッスンに励んでいる。

 同コンクールは多くのプロダンサーを輩出し、第23回大会の同部で1位を受賞した菅井円加さんが2012年の「ローザンヌ国際バレエコンクール」で優勝している。これまで数々のコンクールで優勝してきた麻菜さんも「雰囲気が全然違った」と振り返る。

 女性ジュニア1部には358人がエントリーし、予選、準決選を通過した46人が決選の舞台に立った。小百合さんは「バレエ雑誌に載っている子や世界の大会に出ている子もいて、誰が1位になってもおかしくなかった」と語る。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース
= 2013年05月16日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201305/20130516-0015596.php

[PR]
by hombetu | 2013-05-18 06:31 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)