帯広美術館で,「山に魅せられた画家たち」展

b0171771_8846100.jpg
写真:道立帯広美術館 2011年8月撮影

 1月25日, 道立帯広美術館 で,山に対して深い思いを持って制作に臨んだ画家の作品を一堂に集めた 特別展「山に魅せられた画家たち」 がで開幕しました。

特別展「山に魅せられた画家たち」
◇期間:1月25日~3月24日
◇夜間開館:1/25(金),1/26(土)は午後8時まで開館
◇主催:道立帯広美術館,帯広市・帯広市教委,十勝毎日新聞


参考:主な作品紹介 道立帯広美術館ホームページから
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-obimu/tokubetsu/omonasakuhin%20yamaten.pdf

 十勝毎日新聞, 「『山に魅せられた画家たち』展始まる」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 山に対して深い思いを持って制作に臨んだ画家の作品を一堂に集めた特別展「山に魅せられた画家たち」(道立帯広美術館、帯広市・帯広市教委、十勝毎日新聞社など主催)が25日、道立帯広美術館で開幕した。3月24日まで。

 道内外の美術館や個人ら23件から集めた93点を展示(会期中に一部展示替えあり)。江戸時代の歌川広重や葛飾北斎の浮世絵に始まり、片岡球子、坂本直行、後藤純男ら18人の作品で多彩な山の魅力を紹介する。

 生活体験学習で来場した音更下士幌小の今井さんは「山の絵の迫力がすごく、きれいだった」と話していた。観覧料は一般900円、高校・大学生550円、小・中学生250円。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2013年01月04日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201301/20130125-0014611.php
[PR]
by hombetu | 2013-01-28 06:05 | 帯広市の様子 | Comments(0)