十勝上空で月に光の輪出現

 12月29日夜から30日未明にかけて,十勝上空は薄い雲に覆われ,月の周囲に光の輪ができる 「月暈(つきがさ)」が出現 しました。

 十勝毎日新聞, 「月に光の輪…『月暈』出現」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 29日夜から30日未明にかけて十勝上空は薄い雲に覆われ、月の周囲に光の輪ができる「月暈(つきがさ)」が出現した。

 月暈は、雲の中の氷の粒に月の光が反射して出現する大気光学現象。帯広測候所によると、十勝上空5000〜7000メートルで29日午後6時から6時間にわたり上層雲を観測、この間に月暈が現れた。

 29日夜は、帯広市内の住宅地でも光の輪を眺めることができた。月暈は夜空にくっきりと輪郭を現し、寒空を幻想的に彩った。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2012年11月04日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/

b0171771_1251849.jpg
参考写真:はっきりとした円を描く日中の暈(ブラジリア・ブラジル)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Halo_-_STJ.jpg
[PR]
by hombetu | 2012-12-31 06:49 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)