陸別のしばれ技術開発研究所,新温度計で気温観測

b0171771_00194167.jpg
参考写真:旧小利別駅駅舎(陸別町)=2004年1月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%88%A9%E5%88%A5%E9%A7%85

 12月から,日本一を誇る寒さを研究している陸別町民有志の「しばれ技術開発研究所」は,気象庁の認定機関の検定を受けた 新しい温度計で気温観測 を始めることになりました。

 十勝毎日新聞, 「気象庁認定機器で気温測定へ、陸別のしばれ技術開発研究所」 と伝えています。

 【陸別】日本一を誇る寒さを研究している町民有志の「しばれ技術開発研究所」(佐藤秀昭所長)は12月から、気象庁の認定機関の検定を受けた新しい温度計で気温観測を始める。

 同研究所は「『陸別は寒い』をきちんと証明しよう」と、町下陸別で91年から、町関で2001年から独自に気温観測を開始。毎年1、2月の気温を同研究所のホームページで公開している。

 新しい温度計は4月、気象庁長官登録検定機関「気象業務支援センター」の検定を受け、8月に現地に設置を終えた。12月1日から正式に観測を始める。

 これまでも民間気象情報会社と同じ国産の温度計を使っていたが、検定を通ったことで“お墨付き”を受けた形。帯広測候所は「貴重なデータであり、町内の気温観測に有効に使ってもらうのはいいこと」とする。

-略-

(安田義教、菊池宗矩)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2012年11月28日の記事

http://www.tokachimail.com/rikubetsu/
[PR]
by hombetu | 2012-12-07 06:24 | 陸別町の様子 | Comments(0)