広尾町役場に,クマタカ出現

b0171771_5305525.jpg
 11月9日早朝,広尾町役場の植木に 絶滅の危機の野鳥クマタカが出現し 職員らを驚かせています。

 十勝毎日新聞が、 「クマタカ現る」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 【広尾】絶滅の危機にある野鳥のクマタカが9日早朝、町役場の植木に現れ、職員らを驚かせた。

 クマタカは体長約80センチで役場の松の木に飛来。ほどなくしてカラスの群れに追われ飛び去ったという。

 クマタカは環境省レッドリストで絶滅危惧種に指定される鳥。通常は森林に住み、人の目に触れることは少ない。

 目撃した職員の1人は「さすがに広尾は自然が豊か」と話していた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年11月13日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201211/20121113-0014017.php

参考:クマタカ
 クマタカ(角鷹、熊鷹、鵰、Spizaetus nipalensis)は、鳥綱タカ目タカ科クマタカ属に分類される鳥。

生態 [編集]
 森林に生息する。飛翔の際にあまり羽ばたかず、大きく幅広い翼を生かして風を捕らえ旋回する(ソアリング)こともある。基本的には樹上で獲物が通りかかるのを待ち襲いかかる。獲物を捕らえる際には翼を畳み、目標をめがけて加速を付けて飛び込む。日本がクマタカの最北の分布域であり北海道から九州に留鳥として生息し、森林生態系の頂点に位置している。そのため「森の王者」とも呼ばれる。高木に木の枝を組み合わせた皿状の巣を作る。

 食性は動物食で森林内に生息する多種類の中・小動物を獲物とし、あまり特定の餌動物に依存していない。また森林に適応した短めの翼の機動力を生かした飛翔で、森林内でも狩りを行う。

 繁殖は1年あるいは隔年に1回で、通常1回につき1卵を産むが極稀に2卵産む。抱卵は主にメスが行い、オスは狩りを行う[1]。従来、つがいはどちらかが死亡しない限り、一夫一妻が維持され続けると考えられてきたが、2009年に津軽ダムの工事に伴い設置された猛禽類検討委員会の観察により、それぞれ前年と別な個体と繁殖したつがいが確認され、離婚が生じることが知られるようになった[2]。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%82%AB

上写真:クマタカ Spizaetus nipalensis
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Spizaetus_nipalensis.jpg
[PR]
by hombetu | 2012-11-14 06:29 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)