「いけだ牛」の料理試食会

b0171771_21402194.jpg
 10月21日,池田町で生産されているあか毛和牛 「いけだ牛」を使った料理の試食会 が,帯広市内の北海道ホテルで開かれました。
 「いけだ牛」は,池田町内で生まれ,池田町内で肥育され,主に池田町食肉センターでと畜され,池田町内で部分肉に加工処理されたあか牛です。

 十勝毎日新聞が、 「あか毛和牛『いけだ牛』堪能」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 池田町で生産されているあか毛和牛「いけだ牛」を使った料理の試食会(全日本あか毛和牛協会主催)が21日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。シチューや中華風ステーキ、ローストビーフなど14種類の料理が並び、参加者は赤身が多い肉ならではのあっさりした味を楽しんでいた。

 生産者らで組織する同協会があか毛和牛の普及拡大を目指して、管内で初めて開催。約2750人が応募し、抽選で選ばれた50組100人が参加した。

 あか毛和牛は褐色の毛が特徴の牛で、赤身が表面積の70%以上を占めるなどの基準に合格した牛が認定される。脂が少ないことでヘルシーさや赤身のうま味をPRしている。

 市内の会社員本保貴裕さん(36)、衣美さん(32)夫妻は試食会に応募するまであか毛和牛を知らなかったが、「脂が少ないのでさっぱりしていて箸が進む。記念日など特別な日に食べたい」と話していた。同協会の穴見盛雄代表理事は「頭数はまだまだ少ない。消費拡大を進めて頭数も増やしていきたい」と話している。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年10月22日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201210/20121022-0013823.php

参考:いけだ牛ホームページ(動画含む)
http://www.hokkaidogyunikuichibaarisawa.jp/SHOP/467504/list.html
[PR]
by hombetu | 2012-10-22 06:37 | 池田町の様子 | Comments(0)