人間ばん馬,豊頃農協青年部が優勝

b0171771_537137.jpg
 写真:帯広競馬場2011年8月撮影
 10月14日,帯広競馬場で 2012ワールド 人間ばん馬チャンピオンシップ が行われました。
 決勝で昨年2位の豊頃農協青年部プリンスが,2年ぶりに優勝し,賞金88万円を獲得した。

 十勝毎日新聞が、 「人間ばん馬、豊頃農協青年部V」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 2012ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)が14日午後、帯広競馬場で行われた。決勝で昨年2位の豊頃農協青年部プリンス(岡山娘、相澤悠平、山本政幸、藤井裕也、相澤祥浩、山口仁)が2年ぶりに優勝し、賞金88万円を獲得した。

 今年は帯広市の開拓姉妹都市・静岡県松崎町、愛と幸福の都市交流を続ける香川県高松市などからも含め管内外から計25チームが出場。予選5レースを行い、5チームが決勝に進んだ。

 決勝で豊頃農協青年部プリンスは第2障害(高さ1・6メートル)を突破後、頭一つ抜け出したままゴール。相澤祥浩代表(35)は「前回は連覇を狙って2位、今年は勝てて最高」と喜んだ。

 2位以下は次の通り。
(2)カツヤマックス(オホーツク管内置戸町)
(3)ハルニレジェームス(豊頃町)
(4)大空町東藻琴B&G海洋センター(オホーツク管内大空町)
(5)TEAM MUSCLE COBRA(帯広市)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年10月15日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201210/20121015-0013765.php
[PR]
by hombetu | 2012-10-17 06:47 | 帯広市の様子 | Comments(0)