音更で、大相撲十勝場所

 8月5日、 大相撲十勝場所 が、音更町内の十勝農協連家畜共進会場「アグリアリーナ」で行われます。
 3日から土俵の造成作業も始まり、準備作業が急ピッチで進められています。

 なお、8月4日、「大相撲旭川場所」が、旭川大雪アリーナで行われます。

 十勝毎日新聞が、 「十勝場所、準備急ピッチ」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【音更】 十勝で5年ぶりとなる「大相撲十勝場所」(実行委員会主催)の開催を5日に控え、会場となる音更町内の十勝農協連家畜共進会場「アグリアリーナ」で準備作業が急ピッチで進められている。会場の前には力士らを応援するのぼりが立ち並び、3日からは土俵の造成作業も始まる予定。この夏の一大イベントに向け、徐々に雰囲気が盛り上がっている。

 十勝場所には、横綱・白鵬や把瑠都、琴欧洲をはじめとする十両以上の力士約100人を含め、関係者約250人が来勝する。当日は、取組に先立ち、公開稽古や人気力士と子供による交流稽古なども予定されている。

 実行委は、管内企業などの協賛で力士の四股名(しこな)が書かれた大型ののぼり(高さ8メートル)23本を用意、7月下旬に会場前に設置した。来場者に配るパンフレットやうちわ、記念座布団などの準備も整え、1日から会場設営に着手。3、4日に土俵を設置し、準備を完了させる。

 一方、力士らは2日午後に十勝入りする。4日に旭川場所があるため、3日午後から4日夕にかけて旭川に移動するが、それ以外は帯広で本番に備える。滞在中は市内の焼き肉店などで食事をしたり、3日午前には100人前後の力士が芝田山親方の出身地・芽室町を訪れる予定だ。

 全2900席分の観戦チケットも順調に売れている。当日券はたまり席(1万1500円)、升席(4人分、3万2000円)で計200席分。実行委の児玉康博幹事長は「十勝を盛り上げるこの夏の一大イベントなので、しっかりと準備を整えて成功させたい」と話している。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年08月02日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201208/20120802-0013177.php
[PR]
by hombetu | 2012-08-04 06:49 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)