本別町で社会科教育教員が研修

b0171771_5151265.jpg
写真:JA本別町の大通り倉庫2011年8月撮影

 7月27日、 十勝社会科教育研究会 の教諭16人が、本別町内で地理巡検を行い、本別空襲の歴史や町の文化財について研修しました。

 十勝毎日新聞が、 「本別の歴史や文化学ぶ 」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 十勝社会科教育研究会(会長・石川満清水小校長)は27日、町内で地理巡検を行い、教諭16人が本別空襲の歴史や町の文化財について学んだ。

 管内の教諭で結成し、社会科教育に役立てるために市町村の歴史や文化を学んでいる。本別では町歴史民俗資料館の展示や本別空襲の史跡、旧陸軍軍馬補充部跡地などを見学。町文化財のマメシジミの生息地や今春にできた農産物ものづくり館にも足を運んだ。

 本別川の鉄橋とJA本別町の大通り倉庫では、今も残る空襲の機銃の跡を見学。町職員の説明に耳を傾け、弾痕の写真を撮っていた。石川会長は「空襲の歴史が今も大事に受け継がれていることを知った。歴史や文化、産業を足と手、体験を通して学び、子供たちに還元する材料にしたい」と話した。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年07月29日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
by hombetu | 2012-08-04 07:04 | 本別町の様子 | Comments(0)