豪ミッチェル市訪問団の結団式

b0171771_5104742.jpg
 7月26日、平成24年度の本別町中学生・第16次オーストラリア・ミッチェル訪問団の結団式が、町体育館で開かれました。

 十勝毎日新聞が、 「本別町で豪ミッチェル市訪問団の結団式」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 今年度の町中学生・高校生国際交流派遣事業「第16次オーストラリア・ミッチェル訪問団」(団長・山下博志町教育委員)の結団式が26日、町体育館で開かれた。参加する生徒たちが、異文化交流への期待や決意を語った。

 同町と国際姉妹都市のミッチェル市は、1992年度から、中・高校生の相互派遣交流事業を行っている。本別からの訪問は2010年以来で、今回は町内の中学1~3年生12人が参加する。11月13日から10日間、同市でホームステイや学校訪問、シドニー市での自主研修などを行う。

 結団式で、水谷令子町教育委員長は「心の扉を開いて積極的に行動すると大きな感動がある。ホストファミリーが家族として迎えてくれるので安心して行ってください」とあいさつ。参加する生徒は「ホームステイで異文化を学びたい」「スポーツを通して交流したい」「体験を自分の成長に生かしたい」とそれぞれ決意を述べた。

 高橋正夫町長と山口弘康本別中学校校長が激励。山下団長は「11月の出発までお互い顔を覚えて準備し、一緒に有意義な体験をしたい」と意気込みを述べた。(安田義教)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年07月28日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
by hombetu | 2012-08-03 06:49 | 本別町の様子 | Comments(0)