子ども駒おどり研修で十和田市へ

b0171771_4342114.jpg
 7月24日、本別駒おどり保存会は、仙美里地区公民館で、踊りの源流の青森県を訪れる 「子ども駒おどりリーダー研修」の事前説明会 を開きました。

 十勝毎日新聞が、 「本別で駒おどり研修の事前説明会」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 本別駒おどり保存会(登坂昇会長)は24日、町仙美里地区公民館で、踊りの源流の青森県を訪れる「子ども駒おどりリーダー研修」の事前説明会を開き、参加生徒が研修への意識を高めた。

 本別駒おどりは、青森県三本木町(現・十和田市)の出身で、本別の旧陸軍省軍馬補充部十勝支部に勤めていた竹ケ原仁蔵氏が伝え、本別の郷土芸能として定着した。同保存会は同県の駒おどり保存会と交流を続け、子供たちにリーダー研修として本場で踊りを学ぶ機会をつくっている。

 今年度は仙美里中と本別中の1~3年生6人が、8月1~4日の日程で十和田市を訪れ、踊りに欠かせない太鼓や鐘、駒の基本操作を学んだり、踊りの歴史に理解を深める。

 説明会で登坂会長は「学び以外にいろいろと体験できる。実りある研修にしたい」と述べ、参加生徒は「本場の踊りを学びたい」「細かい技術を習得したい」と研修の目的を語った。この後、生徒たちはスケジュールや現地の下調べをして研修に備えていた。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年07月28日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
by hombetu | 2012-08-02 06:27 | 本別町の様子 | Comments(0)