今秋、本別で循環器内科医院を開業

 今秋、本別町国保病院副院長の藤沢明徳内科医が、南1丁目に 「ほんべつ循環器内科クリニック」 を開業することになりました。

 十勝毎日新聞が、 「本別国保病院医師が今秋、町内で開業 」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】 町国保病院副院長の藤沢明徳内科医(45)は今秋、町南1に「ほんべつ循環器内科クリニック」を開業する。藤沢医師は「より地域に根差した医療をしたい」と話している。

 クリニックの診療科目は、内科、循環器内科、小児科。国道242号沿いに取得した土地約1500平方メートルに、2階建て延べ床面積330平方メートルの施設を建設、16台分の駐車場を設ける。6月上旬に着工する。隣接する土地には調剤薬局が進出する。

 藤沢医師は札幌出身。京都府立医科大卒。専門は循環器。京都南病院を経て、2006年3月に町国保病院に着任した。同病院は今秋まで勤務して退職する。

 クリニックは藤沢医師1人と看護師2、3人を予定。平日と土曜日午前に診療する。往診や在宅での看取りの医療にも取り組む。国保病院と連携してカテーテル治療やペースメーカー治療も続ける方向で調整している。建物は内外装にカラマツ材をふんだんに使った造りにする。藤沢医師は「自分のやりたい医療が実践できる体制をつくり、かかりつけ医としてより患者さんに向き合う医療をしたい」と話している。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年05月30日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
by hombetu | 2012-06-03 06:55 | 本別町の様子 | Comments(0)