蓄大新入生、ヒツジ毛刈りに苦戦

 4月16日、帯広畜産大学畜産科学課程に今春入学した1年生が、音更町駒場の家畜改良センター十勝牧場で ヒツジの毛刈り を行いました。

 十勝毎日新聞が、 「新入生最初の試練はヒツジ毛刈り」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【音更】 帯広畜産大(長澤秀行学長)畜産科学課程に今春入学した1年生が16日午後3時半から、音更町駒場の家畜改良センター十勝牧場でヒツジの毛刈りを行った。学生たちは、暴れるヒツジを押さえながら慣れない手つきでバリカンを操っていた。

 この日は同課程の学生45人が参加。牧場職員が「暴れるようなら首を押さえて」などと注意事項を説明、手際よく手本を見せて約3・7キロ分を刈った。

 8、9人のグループに1匹が割り当てられ、学生たちはバリカンを手渡されると、皮膚を傷つけないよう慎重な手つきで刈っていた。

 村田浩一郎さん(18)は「ヒツジは見た目は小さいけど、持ってみると意外に重かった。刈ることよりも押さえる方に集中してしまい、ヒツジの姿勢を保つのに苦労した」と話していた。

 ヒツジの毛刈りは25日まで、今春入学の1年生約260人が体験する予定。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2012年04月17日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201204/20120417-0012328.php
[PR]
by hombetu | 2012-04-17 18:12 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)