本別のつしま商店、新しい「どん菓子」を開発

 本別町で各種のどん菓子を製造・販売する「つしま商店」が、道産のビート糖蜜と含蜜(がんみつ)糖を使った 新商品の「どん菓子」を開発 しました。
 トウモロコシや黒豆、小麦のどん菓子に味付けし、黒砂糖のようなコクとまろやかさが特徴です。

 十勝毎日新聞が、 「ビート糖蜜で『どん菓子』新商品」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】 どん菓子製造・販売の「つしま商店」(町北5、対馬憲二社長)は、道産のビート(てん菜)糖蜜と含蜜(がんみつ)糖を使った新商品を開発した。トウモロコシや黒豆、小麦のどん菓子に味付けし、黒砂糖のようなコクとまろやかさが特徴だ。

 液体の糖蜜と固形の含蜜糖は、砂糖製造の副産物で出た蜜を加工してできる。味は黒砂糖に似て、原料由来のミネラル分が含まれるため栄養価がある。水あめと混ぜるなどし、どん菓子に絡める。糖蜜は小麦、含蜜糖はトウモロコシや黒豆との相性がいい。

 つしま商店では主にグラニュー糖や三温糖を甘味に使っていたが、町内に工場がある北海道糖業(北糖)から提案を受け、新商品を開発しました。
 価格はいずれも、1袋368円(税込み)で、道の駅ステラ★ほんべつなどで販売します。

 問い合わせは同商店(0156・22・2204)へ。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年03月31日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201203/20120331-0012188.php

参考:北海道十勝の贈り物「とかちっち」どん菓子
つしま商店が販売する懐かしい味の各種「どん菓子」商品が画像で見られます。
http://item.rakuten.co.jp/bearfruit/c/0000000195/

b0171771_9555329.jpg
写真:北海道糖業本別工場 2011年8月撮影
[PR]
by hombetu | 2012-04-01 09:51 | 本別町の様子 | Comments(0)