陸別で、厳冬恒例の「しばれフェスティバル」

b0171771_22322799.jpg
写真:「第31回しばれフェスティバル」ポスター
出典: 陸別町ホームページ「お知らせ」

http://www.town.rikubetsu.hokkaido.jp/shibare/images/2012%E3%81%97%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg

 2月4日(土)・5日(日)の2日間、日本日しばれる町陸別恒例の 「第31回しばれフェスティバル」  が、町の東部ウエンベツイベント広場で開かれました。
 主催は、しばれフェスティバル実行委員会で、「人間耐寒テスト」には過去最多の347人がエントリーしました。

イベントスケジュール
◇2月4日(土)
18:00 オープニングセレモニー~命の火点火~えぞ木やり
18:30 よさこい(陸別小学校児童)
18:45 もちつき
19:30 よしもとお笑いステージショー
20:30 しばれ花火
21:00 人間耐寒テスト開会式 ステージ

◇2月5日(日)
7:00 人間耐寒テストチャレンジャーラジオ体操
     ~ 認定証授与式 ステージ
7:30 人間耐寒テストチャレンジャー朝食・朝風呂
9:30 スノーラリー、乗馬体験、、スノーモービル
     スノーラフテンィグ、バルーンアート
10:00 しばれ君とジャンケンしよう!
11:00 電機連合ショー
11:30 よさこい(足寄町大誉地小学校児童演舞)
12:00 海賊戦隊ゴーカイジャーショー
13:00 お楽しみ抽選会 
13:30 閉会式 ~もちまき


 十勝毎日新聞が、 「極寒を楽しむ『しばれフェスティバル』」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【陸別】 陸別町最大のイベント「第31回しばれフェスティバル」(実行委員会主催)が4、5の両日、町ウエンベツイベント広場で開かれた。過去最多の347人がエントリーした「人間耐寒テスト」やお笑いステージショー、タオル早回し選手権などが行われ、8000人の来場者が“極寒の2日間”を満喫した。

 初日は午後6時からオープニングセレモニーが行われた。朝倉俊介実行委員長、金澤紘一町長が「とびきりのしばれから温かい絆が生まれる。日本一の寒さを楽しもう」などとあいさつし、高さ6メートルの巨大かがり火「命の火」が点火された。お笑いステージショーでは吉本興業の企画で一時的に陸別に移り住んでいる「よしもと芸人」のクマップさん、コンビ「夕立」の三國直道さんと伊藤誠さん=札幌吉本所属=らが会場を盛り上げた。

 一夜明けた5日早朝の気温は氷点下20.1度まで下がり、氷のかまくら「バルーンマンション」で一夜を過ごした人間耐寒テストの参加者はしばれを存分に体感していた。

 札幌市から訪れた会社員(43)は「フェスへの参加は5回目。寒さで2時間しか眠れなかったが、命の火でしのいだ」と話していた。 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年02月05日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201202/20120205-0011702.php
[PR]
by hombetu | 2012-02-06 05:30 | 陸別町の様子 | Comments(0)