陸別など今季最低気温

 1月12日(木)の朝、十勝管内各地で厳しい冷え込みになりました。
 帯広測候所によると、管内最低気温は 陸別では氷点下29.1度 で今季最低を更新。音更町の十勝川では、冷えた空気が水面に接して発生する 蒸気霧の「気嵐(けあらし)」 が見られました。

 十勝毎日新聞が、 「ハクチョウ幻想 陸別など今季最低」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 十勝管内は12日朝、上空に入った強い寒気と放射冷却現象の影響で各地で厳しい冷え込みになった。帯広測候所によると、管内最低気温は陸別の氷点下29.1度で今季最低を更新。音更町の十勝川では、冷えた空気が水面に接して発生する蒸気霧の「けあらし」が見られ、羽を休めているハクチョウのシルエットが幻想的な光景を作り出した。

 同測候所によると、12日朝の気温は19観測点中11地点で今季最低を記録。陸別と、本別(同28度)、大樹(同26.3度)、足寄(同25.1度)の4地点で氷点下25度を下回り、帯広も同17度。

 午前11時現在でも、本別同17.3度、足寄同16.2度までしか上がっていない。

 13日の天候は晴れ。気温は平年よりかなり低くなり、少なくとも14日朝までは厳しい冷え込みが続く見通し。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年01月12日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201201/20120112-0011483.php

写真:気嵐
b0171771_21165976.jpg

[PR]
by hombetu | 2012-01-13 21:14 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)