しばれフェスティバルの会場造りが本格化

 2月4日(土)・5日(日) 、陸別町ウエンベツイベント広場 で行われる 「第31回しばれフェスティバル」の会場造り が本格化しています。
 名物の「バルーンマンション」の整備が進められています。

 十勝毎日新聞が、 「陸別しばれフェスの会場造りが本格化」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【陸別】 「第31回しばれフェスティバル」(2月4、5日・町ウエンベツイベント広場)=実行委員会主催=の会場造りが本格化している。実行委のメンバーらが連夜繰り出し、名物「人間耐寒テスト」で使う氷のかまくら「バルーンマンション」などの整備を進めている。

 バルーンマンションは高さ2・5メートルで、当初60基を目標に製作する。9日の作業には約40人が参加。送風機で膨らませたバルーン12基にそれぞれ農業用資材のパオパオをかぶせ、噴射機で水を吹きかけた。また、ジャンボ滑り台などに使う雪を重機で集めた。

 吉本興業の企画で、2月5日まで一時的に町内に移り住んでいる「よしもと芸人」の「クマップ」こと熊谷宏太さん、コンビ「夕立」の三國直道さんと伊藤誠さん=いずれも札幌吉本所属=も、この日から作業に加わった。

 3人は「とにかく寒いが、1カ月、頑張る」と話していた。朝倉俊介実行委員長は「みんな本業を持って大変だが、アイデアとやる気で精いっぱい作業する」としている。

 作業は日曜日を除いてイベント直前まで続き、寒さが厳しくなる午後7時から同11時ごろまで交代で行われる。実行委は同フェスの公式ホームページ (http://www10.ocn.ne.jp/~shibare/index.html)で、最新情報や会場造りの進行状況などを公開している。(菊池宗矩)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・陸別めーる 2012年01月11月の記事
http://www.tokachimail.com/rikubetsu

b0171771_235421.jpg
写真:バルーンマンション
[PR]
by hombetu | 2012-01-15 05:08 | 陸別町の様子 | Comments(0)