足寄動物化石博物館、辰年にちなんで滄龍展示

 足寄動物化石博物館 は、1月7~16日、今年の干支(えと)にちなんだ辰年ミニ展示として 「滄龍(そうりゅう)」の頭骨 をロビーに展示します。

 十勝毎日新聞が、 「足寄動物化石博物館、えとにちなんで滄龍を展示 」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【足寄】 足寄動物化石博物館(澤村寛館長)は来年1月7~16日、えとにちなんだ辰(たつ)年ミニ展示として「滄龍(そうりゅう)」(英語名モササウルス)の頭骨をロビーに飾る。

 同館は毎年、えとにちなんだ展示を行っている。新村龍也学芸員と澤村館長によると、滄龍は約9800万年前~6550万年前の海にいた大型のは虫類。トカゲやヘビの仲間から進化した。日本では多くが道内で発見されている。

 期間中、同館が所有する滄龍の頭骨のレプリカを道東で初めて公開し、化石解説パネルも設ける。観覧料は無料だが、館内の常設展示を見る場合は大人400円、65歳以上と小・中・高校生は200円が必要。

 同館はこれに合わせ、館内の化石工房で行う「ミニ発掘」に個数限定で滄龍の歯の化石を加える。体験料200円。この他、タツノオトシゴの骨格標本も展示する。

 開館は午前9時半~午後4時半。問い合わせは同館(0156・25・9100)へ。(菊池宗矩)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・足寄めーる 2011年12月26日の記事
http://www.tokachimail.com/ashoro/backnumber2011.php?d=20111229
b0171771_21334660.jpg
写真:足寄動物化石博物館お知らせ
http://www.museum.ashoro.hokkaido.jp/html/column/fuyuyasumi.pdf
[PR]
by hombetu | 2012-01-01 21:31 | 足寄町の様子 | Comments(0)