19日、陸別で管内最低の-23.3℃

b0171771_20111125.jpg
写真:日本一しばれる町陸別

 12月19日(月)の朝、十勝管内は放射冷却現象などの影響で冷え込みました。
 帯広測候所によると、 陸別で管内最低の氷点下23・3度 を記録し、今季最低を更新しました。帯広も今季最低の同16・5度。観測19地点のうち陸別、帯広、上士幌町ぬかびら源泉郷(氷点下20・1度)、鹿追(同13・4度)の4地点で今季最低でした。
 なお、足寄で-18.9℃ 本別で-18.0℃ 池田で-1.9℃でした。

 十勝毎日新聞が、 「樹氷の厳冬 陸別でマイナス23度」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【十勝】 十勝管内は19日朝、放射冷却現象などの影響で冷え込んだ。帯広測候所によると、陸別で管内最低の氷点下23・3度を記録、今季最低を更新した。帯広も今季最低の同16・5度。観測19地点のうち陸別、帯広、上士幌町ぬかびら源泉郷(氷点下20・1度)、鹿追(同13・4度)の4地点で今季最低だった。

 帯広の最低気温は、平年値(氷点下10度)を6度下回った。同測候所は「冬型の気圧配置で寒気が入り込んだため」と説明する。一段と寒い朝、市内の帯広川では川霧が立ちこめた。帯広の日中の最高気温は氷点下3度までしか上がらず、16日から4日連続の真冬日(最高気温が氷点下)になる予想。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2011年12月19日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201112/20111219-0011279.php
[PR]
by hombetu | 2011-12-20 05:40 | 陸別町の様子 | Comments(0)