浦幌ヒグマ調査会が移動講座

 11月27日(日)、浦幌町立博物館の ミニ移動講座「ヒグマの生態を探る」 が、町内で開かれました。
 佐藤芳雄氏が会長を務める 「浦幌ヒグマ調査会」 の活動現場が公開されました。

 十勝毎日新聞が、 「浦幌ヒグマ調査会が調査活動を公開」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【浦幌】 町立博物館のミニ移動講座「ヒグマの生態を探る」が11月27日、町内で開かれた。浦幌を拠点に道東でフィールドワークに取り組む「浦幌ヒグマ調査会」(佐藤芳雄会長)の活動現場が公開された。

 町内外から15人が参加。同調査会の研究を指導する佐藤喜和・日大生物資源科学部専任講師(農学博士)の案内で人里離れた炭山地区の沢筋に入り、クマの生態について説明を受けながら、調査捕獲用のわなや、毛を採取するための仕掛けなどを見学した。クマが木の切り株のアリの巣を掘り返した跡や、ふんも観察できた。

 参加した音更町の主婦(38)は「北海道にいても、知らないことが多いことを実感した。とても楽しかった」と話した。(大笹健郎)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・浦幌めーる 2011年12月1日の記事
http://www.tokachimail.com/urahoro/
[PR]
by hombetu | 2011-12-09 05:28 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)