十勝スピードウェイで、初雪エンデューロ

b0171771_825798.jpg
写真:十勝スピードウェイホームページ「第11回 十勝初雪エンデューロ」
http://tokachi.msf.ne.jp/moto-event.php?event_id=314

 11月20日(日)、 「第11回十勝初雪エンデューロ」 が 更別村の十勝スピードウェイ で行われました。
 大会には、過去最多のオフロードバイク四輪バギー計156台・選手190人がエントリー、サーキット敷地内に設けられた特設コースで3時間と5時間の耐久レースが、ごう音を響かせ行われました。

 十勝毎日新聞が、 「十勝初雪エンデューロ 156台が爆走」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【更別】 十勝スピードウェイ(=TIS、更別村)で20日、初冬の名物イベント「第11回十勝初雪エンデューロ」が行われた。過去最多となるオフロードバイクとATV(四輪バギー)計156台・選手190人が道内各地からエントリー、サーキット敷地内に設けられた特設コースで3時間と5時間の激しい耐久レースに挑んだ。

 広大なサーキット内の林や土手、湿地などを活用、1周11・5キロのコースを設けた。全日本モトクロス選手権で活躍する佐々木奈津美選手(19)=清水町出身=らトップ選手から小学生まで多彩なライダーが参加。午前9時にTIS正面ゲート前から一斉にスタートした。

 コースは途中にぬかるみもあり、転倒や動けなくなるマシンも続出。仲間と助け合いながら泥まみれで走ってゴールを目指した。

 昨年のビギナークラス3位に続いて5時間耐久に2回目の出場の舟田法善選手(34)=帯広市=は「長時間で厳しいが、皆で走れるのが楽しい」と話していた。。

 広大なサーキット内の林や土手、湿地などを活用、1周11・5キロのコースを設けた。全日本モトクロス選手権で活躍する佐々木奈津美選手(19)=清水町出身=らトップ選手から小学生まで多彩なライダーが参加。午前9時にTIS正面ゲート前から一斉にスタートした。

 コースは途中にぬかるみもあり、転倒や動けなくなるマシンも続出。仲間と助け合いながら泥まみれで走ってゴールを目指した。
 昨年のビギナークラス3位に続いて5時間耐久に2回目の出場の舟田法善選手(34)=帯広市=は「長時間で厳しいが、皆で走れるのが楽しい」と話していた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2011年11月20日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201111/20111120-0011034.php
[PR]
by hombetu | 2011-11-21 08:03 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)