長島圭一郎選手、2年連続で短距離2冠

 10月29日(土)・30日(日)、長野市のエムウエーブでスピードスケートの第18回全日本距離別選手権(ワールドカップ派遣選手選考競技会)が行われました。
  第1日の男子500メートルは、池田高校出身の出長島圭一郎選手  (日本電産サンキョー)が1回目1位、2回目2位の69秒95で加藤条治選手(日本電産サンキョー)を抑え、2連覇を達成し、好調に滑り出しました。
 なお、3位には及川佑選手(大和ハウス工業−山梨学院大、池田高出)が入りました。

 また、30日に行われた男子1000メートルでも、長島選手が1分10秒71で制し、2年連続で500メートルとの短距離2冠を果たしました。

 女500メートルは、2回目に38秒28をマークした小平奈緒選手(相沢病院)が合計1分16秒83の大会新記録で3連覇。1回目38秒53でトップだった辻麻希選手(十六銀行)が0秒13差で2位に入りました。

 小平選手は、1500メートルでも1分58秒91の国内最高記録で2年ぶり3度目の優勝。17歳の高木美帆選手(帯広南商高)が1分59秒88で2位に入りました。

 十勝毎日新聞が、 「全日本距離別 長島圭一郎が連覇」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【長野・十勝】 スピードスケートの第18回全日本距離別選手権(日本スケート連盟主催)最終日は30日、長野市のエムウエーブで男女5種目を行った。午前の女子1000メートルは、辻麻希(十六銀行−白樺学園高出)が1分17秒62で2位、高木美帆(帯南商高2年)が1分18秒30で3位となった。小平奈緒(相澤病院)は自らの国内最高記録を2年ぶりに更新する1分16秒47で優勝し、2年ぶりの3冠を達成した。男子3000メートルは小川拓朗(白樺学園高1年)が3位に食い込んだ。第1日の男子500メートルは、長島圭一郎(日本電産サンキョー−日大、池田高出)が1回目1位、2回目2位の69秒95で加藤条治(日本電産サンキョー)を抑え、2連覇を達成。3位には及川佑(大和ハウス工業−山梨学院大、池田高出)、4位には羽賀亮平(日本電産サンキョー−日大、白樺学園高出)と上位は五輪日本代表勢が占めた。女子1500メートルは高木美帆(帯南商高2年)が2分を切る好タイムで2位となった。優勝の小平は1分58秒91の国内最高記録を樹立。男子1500メートルは今野陽太(開西病院)が、この大会で初の表彰台に立つ健闘を見せた。優勝は小田卓朗(早大)。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年10月30日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201110/20111030-0010839.php
b0171771_5111679.jpg
写真:スピードスケート第18回全日本距離別選手権のチラシ
http://skatingjapan.or.jp/image_data/fck/file/2011_Speed/18th_all_japan_sd.pdf
[PR]
by hombetu | 2011-10-31 05:07 | 活躍しています | Comments(0)