ネクスコ東日本帯広事務所の改修工事が完了

 このほど、10月29日の道東自動車道の夕張-占冠間の開通に向けて、ネクスコ東日本 
帯広管理事務所の改修工事が完了 しました。

 十勝毎日新聞が、 「ネクスコ東日本帯広事務所の改修工事が完了」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【音更】 道東自動車道の夕張-占冠間の開通(29日)に向けて、ネクスコ東日本帯広管理事務所(音更町西2線、三井康洋所長)の大規模改修工事が完了した。同事務所の管理延長は開通に伴い、現在の129.5キロ(占冠−足寄・本別間)から東日本最大の164キロ(夕張−足寄・本別間)に伸びる。事務所の「心臓部」の防災対策室の設備・機材を充実、建物内に点在していた5グループ会社の事務所の大半を2階に集約して業務の効率化を図った。

 RC造2階(一部3階)建てで、改修後の延べ床面積は従来とほぼ同じの約2250平方メートル。これまでの業務は建設工事が主体だったが、夕張−占冠間の開通後は維持管理業務が中心となり、昨年4月に「工事事務所」から名称を変更している。大規模な改修工事は現在地に整備されてから初めて。

 開通区間には橋などの構造物が多く、穂別トンネル(4318メートル)を含む3本の4000メートル級トンネルがあることから、安全確保や事故・災害対策を重視。リニューアルした2階の対策室には、道路状況やトンネル内の様子を確認できる大小のモニター13台を配置し、室内のパソコンから気温、路面温度、連続雨量、自発光スノーポール操作の判断基準となる視界距離などを確認できる。改築に伴い、会議スペースも設けた。

 西谷幸男施設担当課長は「道路利用者の安全・安心を守れるよう気を引き締めて臨みたい。」と話している。(犬飼裕一)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年10月19日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201110/20111019-0010723.php

写真:道東自動車道占冠IC
b0171771_22235959.jpg


地図緑☆印:道東自動車道占冠IC 青☆印:夕張IC

[PR]
by hombetu | 2011-10-23 00:17 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)