本別・足寄・陸別で「交通安全たすきリレー」

 本別地区交通安全協会の「交通安全たすきリレー」 が、9月27日(火)、 本別、足寄、陸別の3町で行われました。
 関係者が各町で街頭啓発などを繰り広げながら、交通安全を訴えました。


 十勝毎日新聞が、 「本別地区で『交通安全たすきリレー』」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別・足寄・陸別】 本別地区交通安全協会(前田進会長)の「交通安全たすきリレー」が27日、本別、足寄、陸別の3町で行われた。関係者が各町で街頭啓発などを繰り広げながら、交通安全を訴えた。

 同協会は毎年、秋の全国交通安全運動に合わせて同リレーを実施。この日は午後1時に陸別町役場前で出発式を行った後、足寄を経て本別までたすきをつないだ。

 ゴールとなった本別町には午後3時半すぎ、リレー隊が到着。国道242号沿いのふれあい公園で、足寄側からたすきを受け取った後、町交通安全協会の大西光夫副会長が櫻庭英樹本別署長に「本別は町民一人ひとりの高い意識と関係団体の活動で、死亡事故ゼロ1500日を達成できた。引き続き、積極的で効果的な活動を続けていく」と決意表明した。

 この後、同協会と本別地域交通安全活動推進委員会協議会、町柏木町交通安全推進部のメンバーら約40人が街頭啓発に臨んだ。デイライトやシートベルト装着を呼び掛けるチラシ、ガムやポケットティッシュをドライバーに手渡し、安全運転を呼び掛けた。

 櫻庭署長は「活動の積み重ねが地域の安全・安心につながっている。今後も力を合わせ、交通安全や防犯を実践していこう」と講評した。(杉原尚勝)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年09月29日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu
[PR]
by hombetu | 2011-10-06 05:34 | 本別町の様子 | Comments(0)