小豆収穫作業、本格的に

 十勝管内では、 小豆の収穫作業が本格的 になっています。

 十勝毎日新聞が、 「赤いダイヤ 小豆収穫が本格化」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 十勝管内で小豆の収穫作業が本格化している。夏の高温で生育は平年より早く、他の作物の収穫から休む間もなく、畑ではトラクターがフル稼働している。

 帯広市大正町の石野光弘さん(57)、春江さん(55)の夫婦は「キタノオトメ」を6ヘクタールで栽培。3日は自走式のビーンカッターで小豆の茎を刈り倒し、トラクターで収穫機をけん引、さやが付いたままの茎を拾い上げて脱穀した。

 9月は雨に見舞われたが、石野さんは「平年並みの収量は期待できそう」と話していた。

 十勝総合振興局によると9月15日現在、管内の今年産小豆の生育は平年より「6日早い」。過熟して黒ずむのを避けるため収穫作業は急ピッチで進み、今月中旬にはほぼ終わる見込みだ。

 十勝の今年産小豆の作付面積は約1万3000ヘクタールで、全道の約半分を占める。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年10月04日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201110/20111004-0010568.php

b0171771_19475884.jpg
写真:小豆
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:W_azuki2111.jpg
[PR]
by hombetu | 2011-10-05 05:14 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)