十勝地方で大雨

 9月5日(月)から6日(火)にかけ、 十勝管内で断続的に降り続いた大雨 は、管内の道路や住宅、交通機関などにも被害や影響を引き起こしています。b0171771_8133687.jpg
 台風12号から変わった低気圧と台風13号の影響で、北海道では一部で降り始めからの雨量が400mmを超える大雨となりました。
 帯広では5日深夜から6日未明にかけ、住宅2戸が床下浸水。JR北海道は6日、札幌-帯広・釧路間の特急列車すべてを運休し、一部の学校は臨時休校となりました。
 芽室町では芽室川が決壊し、復旧作業が進められました。

 帯広測候所によると、6日正午までの24時間降水量は、ぬかびら源泉郷が223mm、新得116mm、鹿追137mm。新得と鹿追の同降水量は9月の最大値を更新しました。
 鹿追町、帯広市、音更町、芽室町には、洪水警報が出されました。
写真:水につかった小豆畑(豊頃町)

9月5日午前9時~6日午前9時までの総降水量
(帯広測候所発表)
 ◇上士幌町ぬかびら源泉郷  225.5mm
 ◇中札内村上札内      177.5mm
 ◇新得町4条        139.5mm
 ◇鹿追町緑町        139.0mm
 ◇更別           112.0mm
 ◇幕別町糠内        111.5mm
 ◇芽室           111.0mm
 ◇大樹           106.5mm
 ◇広尾           106.5mmxx
 ◇上士幌町三股       105.0mm

[PR]
by hombetu | 2011-09-07 05:30 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)