新得、サホロクリニック診療再開へ

 新得町内で唯一、入院施設がある医療機関 「サホロクリニック」 が、 診療を再開 することになりました。
 サホロクリニックは、医師の退職により、3月26日から休院していました。したがって、町内には、整形外科医院や内科医院はあるものの、入院可能な施設がない状態でした。
 これで、サホロクリニックは、約5ヶ月ぶりの診療再開となります。
 医師は清水町の前田クリニックが確保し、以前同様 「医療法人 前田クリニック分院 サホロクリニック」 として再開します。

 十勝毎日新聞が、 「新得『サホロクリニック』が外来診療を月内再開」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【新得】 町内で唯一、入院施設がある医療機関で、契約期間満了に伴う医師の退職で3月26日から休院していた「サホロクリニック」(町西2南3)について、運営する清水町の医療法人前田クリニック(前田憲志理事長)は3日までに、後任となる医師を確保した。外来診療を月内に再開し、体制が整えば入院患者も受け入れる。

 サホロクリニックは施設は町有。前田クリニックが2001年から町と賃貸契約を交わし、分院の形で経営してきた。休院前は医師1人体制で病床数は19床。

 町はこれまで10年間、前田クリニックに経営してもらっていた経緯から、独自に医師招へいに動きつつも、前田クリニックに後任の医師探しを依頼していた。

 再開に際し、前田クリニックは町と再度、賃貸契約を結ぶ必要があり、町は9日に臨時町議会を開いて承認を得る方針。休院に伴い退職した看護師らもいるため、入院に関しては「スタッフの体制が整い次第、再開する」(前田クリニック)としている。

 町は前田クリニックによる再開を前提に、賃貸契約満了後の4月以降、施設を無償で貸し付けながら管理費を助成してきた。今回、とりあえずは外来対応のみでの再開となるが、浜田正利町長は「後任を確保してもらい、感謝している。(無医師状態の)屈足地区の医療体制の整備についても引き続き努力する」としている。(高田敦史)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年08月04日の記事
http://www.tokachimail.com/shinntoku/

地図 緑☆印:サホロクリニック(新得町)  青☆印:前田クリニック(清水町)  

[PR]
by hombetu | 2011-08-11 05:01 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)