白樺学園、甲子園初勝利

 8月9日(火)、第93回全国高校野球選手権の第4日、北北海道代表の白樺学園高校は、同じ2度目の出場の鳥取商業高校と対戦しました。
 延長11回表、白樺学園は2本の安打で走者を貯め、三ゴロの間に勝ち越し、 甲子園初勝利 を挙げました。

白樺学園 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1 │ 3
鳥取商業 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 │ 2

 背番号「8」をつける先発の川越選手は、9回に連打を浴びて同点とされましたが、無死3塁でサヨナラのピンチをしのぐと、威力十分の直球を軸に、延長11回まで2失点で完投しました。
 背番号「1」の小林選手が故障を抱える緊急事態だが、川越選手は去年の秋までのエースで、この試合1人で150球を投げ抜きました。

 なお、次の試合は、7年連続出場の智弁和歌山高校です。
 第4試合では、相手のミスに本塁打を含む4本の長打を絡めて、10―1で埼玉県代表の花咲徳栄(はなさきとこはる)高校に大勝しました。

b0171771_42162.jpg

写真:甲子園球場
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hanshin_Koshien_Stadium_2007-19.jpg
[PR]
by hombetu | 2011-08-10 05:50 | 活躍しています | Comments(0)