本別町歴史民俗資料館で『本別大空襲展』

 7月7日(木)、本別町歴史民俗資料館で 「わがまちの7月15日展」 が始まりました。
 今年は、8月2土0日まで展示を延長して行われます。

◇会 場:本別町歴史民俗資料館
◇テーマ:「本別大空襲」
◇期 間:7月7日~8月20日
◇時 間:火曜日から金曜日の午前9時~午後5時
      土曜日の午前9時~午後3時
◇休館日:日曜日・月曜日・祝祭日


 十勝毎日新聞が、「本別町歴史民俗資料館で『本別大空襲展』」と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】本別空襲(1945年7月15日)を語り継ぐ町歴史民俗資料館の企画展「わがまちの7月15日展 本別大空襲」が7日、同館で始まった。8月20日まで。

 同館は開町110年の節目に当たる今年、まちの歴史を改めて振り返ろうと展示テーマを「本別大空襲」に設定した。戦争の悲惨さと平和の尊さを伝える内容で、空襲当日に合わせた15日にはインタビュー形式による体験者の語り部の会も開く

 会場には当時の写真や爆撃で破壊された実物資料などを展示。初日に訪れ、写真資料などを見て回った町内の野崎順子さん(72)は「当時の悲惨さが伝わり、改めて平和の大切さを考えさせられた」と感慨深げに話していた。

 同企画展と連動し、8月14日午前10時からは町中央公民館でシンポジウム「明日(あす)に語りつぐ平和のつどい」が開かれる。講談師真打ちの神田甲陽さんの講談や、女優の日色ともゑさんによる朗読が披露される。

 企画展、シンポジウムとも入場無料。(杉原尚勝)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年7月8日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
b0171771_4543926.jpg

[PR]
by hombetu | 2011-07-15 05:49 | 本別町の様子 | Comments(0)