24日、陸別町で鉄道まつり

 7月24日(日)、陸別町の夏の恒例 ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり が行われます。
 お笑いステージショーやビンゴ大会など盛りだくさんのイベントがあります。
 昨年好評だった婚カツ列車も走ります。

第3回 ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり
◇日時:平成23年7月24日(日)
  午前10時~午後4時
◇会場:りくべつ鉄道駅構内・駅前多目的広場
◇主催:陸別町観光協会


 十勝毎日新聞が、「 陸別で24日『ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり』」と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【陸別】「第3回ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり」(町観光協会主催)が24日、旧銀河線の陸別駅(道の駅・オーロラタウン93りくべつ)と駅前多目的広場で開かれる。今年も目玉の「婚カツ列車」運行を予定し、参加者を募集している。

 同まつりは「りくべつ鉄道」(町商工会運営)の盛り上げを目的に2009年から開催。同鉄道の気動車内を男女の出会いの場に設定した「婚カツ列車」は昨年、管内外から男女計48人が参加するなど好評を得た。

 今年のまつりは午前10時に開幕。婚カツ列車は午前10時~同10時半に受け付ける。駅構内を往復する鉄道乗車や列車内での○×クイズ、フリータイムの後、午後1時20分にカップルが発表される。

 婚カツ列車は事前の申し込みが必要で、おおむね20歳以上の独身男女各16人を募集している。参加費は男性2000円、女性1000円。

 この他、旧陸別駅構外の金澤踏切-松浦踏切間(1・6キロ)の特別列車も運行(無料)。また、気動車、トロッコのいずれかに乗車した人には豪華賞品が当たる抽選券、同じく乗車した子供(先着300人)にはビンゴカードを配る。

 会場では陸別小によるソーラン踊り、お笑いステージショー、リコーダーミニコンサートが行われ、縁日、しばれくんのふわふわドームも登場する。

 同協会の本田学会長は「発展途上だが、よりパワーアップしたイベントになる。婚カツ列車を通じて陸別が“出会いのまち”になれば」とPRしている。婚カツ列車の申し込み、問い合わせは同協会事務局(0156・27・2141)へ。(菊池宗矩)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年07月01日の記事
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

b0171771_7373686.jpg

[PR]
by hombetu | 2011-07-10 07:37 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)