本別の津村会館が事業譲渡へ

b0171771_06323886.jpg
津村会館
=2014年1月撮影(※画像は後日掲載しました)

 長く親しまれてきた北4丁目の 津村会館が、事業譲渡 されることになりました。
 譲渡先は、同じ北4丁目に店舗を構える「源すし」で、新鮮なネタが自慢の寿司店です。

b0171771_06330776.jpg
源すし
=2014年1月撮影(※画像は後日掲載しました)

 十勝毎日新聞が 「本別『津村会館』が『源すし』に事業譲渡」 と伝えています。

【本別】町内の貸席・仕出し業の老舗「津村会館」(北4ノ4、津村玲子社長)は、同住所で近くにあるすし店「源すし」(池田源太郎社長)に事業を譲渡する方向で調整している。近く具体的な協議に入り、今月中にも登記変更などの手続きを行い、完了次第、津村会館は会社を清算、源すしが老舗の看板を守る形で事業を引き継ぐ。

 津村会館は、1950年創業の「津村食堂」を前身とし、津村社長の義父で先代の津村八重三氏(故人)が80年に設立。最大160人収容の宴会場を備えた市街地で唯一残る大人数収容の貸席施設。

 結婚式や法事、各種会合の場として長く利用されてきたが、津村社長は「夫が長年病床にあり、後継者もいない。自分の年齢を考えると事業を続けるのは困難」と勇退を決断。

 昨年から事業の譲渡先を探していたところ、源すしの後継者で池田社長の長男圭吾さん(30)から今年3月、「歴史ある看板を守りたい」との申し入れがあった。町内の複数事業者から譲受の打診もあったが、「意欲のある若手に事業を委ねたい」と前向きに協議することにした。

-略-
(杉原尚勝)

以上引用:十勝毎日新聞2011年6月2日の記事

http://www.tokachimail.com/honbetsu/

[PR]
by hombetu | 2011-06-10 05:50 | 本別町の様子 | Comments(0)