新しい「元気くん」、登場

 本別町のマスコットキャラクター 「元気くん」の新調着ぐるみ が、登場しました。11年ぶりの刷新で、デザインの変更はありませんが、以前のものより立体感がある構造になりました。
 まず、5月8日に義経の里本別公園で開かれる「第53回本別山渓つつじ祭り」を皮切りに、町内外の各種イベントなどに登場します。b0171771_22351071.jpg
 新しい着ぐるみは、町観光協会が町の一部補助を受け50万円で製作しました。
 材質はウレタン製で、輪郭をはっきりさせたのが特徴。豆をあしらった“本体”部分は長さ1・1mと以前の1・6m小さくなったものの、立体感があり大きさの変化は目立たないとのことです。
 なお、以前の「元気くん」も引き続き活躍していきます。

写真:道の駅「ステラ★ほんべつ」でお客を迎えるマスコットの「元気くん」

《参考:元気くん》
 元気くんは、町特産の「豆」をモチーフにしたデザインで、2001年の開町100年記念事業の一環で町民からの公募を経て誕生した
マスコット
 2001年(平成13年)、開町100年記念事業の一環として、公募によりマスコットキャラクターとキャッチフレーズを募集しました。
 キャッチフレーズは、「きらめき自然都市ほんべつ」から、開町100年を迎えた本別町が新しい世紀に踏み出すにあたり、これからの町づくりテーマとなる「いいひと いいまち いきいきほんべつ」 となり、シンボルマークは、躍動感にあふれ親しみやすい、本別町の特産品「豆」をモチーフにしたキャラクターとなりました。
その後、このマスコットキャラクターの愛称を公募し、日本一の豆のまちにぴったりで、元気な本別町にふさわしいと「元気くん」となりました。
 「いいひと いいまち いきいきほんべつ」は、町の第五次総合計画のキャッチフレーズとしても活用されています。
 マスコットキャラクター「元気くん」は、町広報紙の紙面やカントリーサインなどにと、幅広く活躍しています。
《引用:本別町公式ホームページ・まちの情報「マスコット」》
http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/town/mascot.html
[PR]
by hombetu | 2011-05-08 05:35 | 本別町の様子 | Comments(0)