十勝のサクラ、うっすら雪化粧

 「みどりの日」の5月4日(水)、十勝管内は山沿いや平野部で 雪交じりの天気 となりました。帯広では5月としては、5年ぶりの降雪になり、清水町内の日勝峠は春とは思えない本格的な雪景色になりました。
 5月3日(火)午後、帯広にサクラ(エゾヤマザクラ)の開花を宣言されたことが、テレビのなどの全国放送で伝えられましたが、翌日心配していた降雪の天気予報も当たり、咲き始めたサクラの花が、雪化粧をすることになりました。
 帯広測候所によると、4日正午の主な観測地点の気温は以下の通りです。
◇帯広:1.9度
◇帯広泉(帯広空港):0.4度
 13:00に積雪4mmを記録
◇中札内村上札内:0度
◇広尾:0.3度
◇大樹:0.5度
◇池田:2.2度
◇本別:3.6度
◇足寄:4.5度
◇陸別:4.6度

 各地で3月中旬並みの冷え込みとなり、管内の4日朝の最低気温は、 上士幌町糠平は氷点下0.3度 にまで下がりました。
 帯広では午前からみぞれ模様で、次第に雪に変わり、正午過ぎには一時強く降りました。日勝峠では道路脇に雪が積もり、まるで冬に逆戻り。
 なお、5日の帯広はくもりで、最高気温は11度までもどるとの予報が出ています。

《参考:帯広測候所ホームページ》
http://www.jma-net.go.jp/obihiro/
[PR]
by hombetu | 2011-05-05 06:53 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)