飛行機小型化で、帯広空港からアスパラ空輸できず

 帯広-東京線の航空機材の小型化に伴い、十勝を基点とする 空の貨物輸送に支障 が出始めています。
 贈答用として人気が高い収穫期を迎えたアスパラガスは、帯広空港から直接発送できなくなり、鮮度を前面に出せなくなっています。物流は基本的に新千歳経由に移行しましたが、宅配業者などは陸路の移動距離が長くなり、燃料費高騰の影響を受けています。
 経営再建中の日本航空(JAL)は、帯広-東京・羽田線で運航していた中型機(A300)を2月末で廃止し、運航機材の効率化が目的で、小型機(MD90など)に切り替えました。これにより、縦横1.5m高さ1.6mのコンテナが入らず、現在は「バラ積み」の状態で、航空貨物を載せる量は6分の1~10分の1に減少しました。そのため、旅客の荷物を入れて余った部分を利用しています。
 一方、3月に就航した北海道国際航空(エア・ドゥ)も、全便が小型機材(B737-500)で、もともと航空貨物の取り扱いはありません。
 この航空貨物縮小のあおりを真っ先に受けたのが、収穫が始まったアスパラガスです。
 音更町のある農産物直売所では、送り先の9割は道外で、昨年まではほぼ全国で翌日に配達されていたのが、4月からは関東や関西は2日後、中国・四国、九州は3日後になっています。
 ジャガイモなど重量のある農産物はJRや船が主流で、農協の主力商品で航空機材の小型化は大きな問題となっていません。しかし、今後も贈答用のトウモロコシや花き空輸で問題が生じる可能性があります。

《参考:アスパラガス》b0171771_644184.jpg
 アスパラガス(Asparagus spp.)とは被子植物単子葉植物に属する多年生草本植物である。クロンキスト体系ではユリ科に含めているが分子系統学によるAPG植物分類体系ではクサスギカズラ科に属し、雌雄異株である。多くの種があり石刁柏(せきちょうはく)とも呼ばれるが、誤って石勺柏とも表記されることもある。
 葉のように見えるものは実際は極端にほそく細かく分枝した茎であり、本来の葉は鱗片状に退化している。
種 [編集]
 最もよくこの名で呼ばれるのは、栽培作物のアスパラガス(A. officinalis)である。原産は地中海東部。和名はオランダキジカクシ(阿蘭陀(和蘭)雉隠)、オランダウド(阿蘭陀(和蘭)独活)、マツバウド(松葉独活)といい成長すると細かく切れた葉に見える枝がキジが隠れることができるほど生い茂ることに由来する。アスパラと略称されることがある。
 日本・中国・朝鮮には自生種のキジカクシ(A. schoberioides)、クサスギカズラ(A. cochinchinensis)などが分布する。キジカクシの茎は食用になり、クサスギカズラの根茎(天門冬)は薬用になる。
 アスパラガス属の中にはA. plumosus、A. asparagoides、A. myriocladusなど観葉植物にされるものがいくつかある。江戸時代にオランダ船から鑑賞用として日本にもたらされたが、食用として導入されたのは明治時代。そして本格的な栽培が始まったのは大正時代からで、欧米への輸出用缶詰に使うホワイトアスパラガスが始まりであった。その後国内でも消費されるようになり、昭和40年代以降はグリーンアスパラガスが主流となった。現在では生のホワイトアスパラガスや調理しやすいミニアスパラガスなどが店頭に並んでいる。アスパラガスを食べると尿が強い臭いを発する人もいるが、これはアスパラガスに含まれる代謝物質によるもので害はない。 最もよくこの名で呼ばれるのは、栽培作物のアスパラガス(A. officinalis)である。原産は地中海東部。和名はオランダキジカクシ(阿蘭陀(和蘭)雉隠)、オランダウド(阿蘭陀(和蘭)独活)、マツバウド(松葉独活)といい成長すると細かく切れた葉に見える枝がキジが隠れることができるほど生い茂ることに由来する。アスパラと略称されることがある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(写真も)
[PR]
by hombetu | 2011-05-01 06:28 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)