足寄町議会が総合条例、3月提案へ

 2月8日(火)、足寄町議会改革・活性化等調査特別委員会は、町議会に関する条例や規則に関する「足寄町議会総合条例」の制定を目指し、3月定例会に提案することを決めました。
 その内容は、各議員の質問回数や議案への賛否、出欠・遅刻状況の開示、議案に対する「自由討議」の導入、広報広聴常任委の新設が柱になっています。また、90日以上の長期欠席議員は報酬を減額します。
 なお、年1・2カ月分を支給している期末手当を全廃する代わりに報酬月額を10%引き上げ一本化し、議長330万円、副議長277万円、常任委員長264万円、議員251万円の年間支給総額は維持します。欠席が連続90日を超えた場合の月額報酬減額幅は20%、180日超で同50%、365日超で70%とします。

議会改革・活性化等調査特別委員会(7人)
◇足寄町議会改革に関する諸問題の調査・研究及び提言
◇足寄町議会活性化に関する諸問題の調査・研究及び提言
委員長:菊地 一将(町議会副議長)
副委員長:大久保 優
委 員:星 孝道、島田 政典、井脇 昌美、高橋 幸雄、谷口 二郎

平成23年第1回議会定例会
会期:3月8日(火)~3月23日(水)

《参考:足寄町議会ホームページ》
http://www.town.ashoro.lg.jp/gikai/index.html
[PR]
by hombetu | 2011-02-15 05:25 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)