陸別に「つららちゃん」登場

 2月5日(土)~6日(日)の2日間、陸別町で第30回 しばれフェスティバル が,、町ウエンベツ・イベント広場で行われました。b0171771_22232315.jpg
 氷の家(バルーンマンション)で一夜を過ごす人間耐寒テストは、349人がエントリーしました。6日の朝は、最低気温が-21・1℃に冷え込む中、午前7時のラジオ体操に338人が参加し、認定証を受け取りました。
 バルーンマンションとは、直径2mほどのビニール風船に農業用シートをかぶせた上から、洗車機のノズルで水を吹き付けて凍らせ、数時間ほどで氷の厚さが2cmになると風船を抜き、さらに厚さ10cm以上になるまで数日間、吹き付けます。勿論、バルーンマンションの中には、ストーブなどの暖房器具は持ち込めません。
 また、フェスティバルで公募していた新キャラクター「しばれ君」の恋人の愛称は、応募の中から「つららちゃん」に決まりました。
 5日の夜は、「しばれ花火」でスターマインなど千発を打ち上げました。
写真:第30回りくべつしばれフェスティバル案内
地図:青☆印 陸別町ウエンベツ・イベント広場

[PR]
by hombetu | 2011-02-09 05:14 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)