大盛況、おびひろ氷まつり

 北の国十勝の冬の風物詩 第48回おびひろ氷まつり が、帯広市内の緑ケ丘公園で、1月28日(金)~30日(日)の3日間、行われました。主催は、「帯広のまつり推進委員会」。
 今回のメインテーマは、『愛の国「幸福物語」~ここからはじまる幸福物語~』
 会場には、大氷雪像、大滑り台、迷路などのほか、氷雪像約50基も並び、大勢の人で賑わいました。
b0171771_3242280.jpg

 今年のメインの大雪像は、テーマに因んで旧国鉄広尾線愛国駅に展示されているSLをモデルにした「幸福(しあわせ)列車」。全長16m、高さ4・5mで、煙突から水蒸気を上げる工夫がされていました。
b0171771_2405880.jpg

b0171771_241142.jpg

 多くの美しい氷の彫刻が展示され、幻想的な世界を作り出していました。
b0171771_2414272.jpg

 大氷雪像「雪と氷の遊園地」には、大型滑り台で賑わいました。
b0171771_2415593.jpg

 メインステージでは、盛りだくさんのイベントが続きました。
b0171771_242889.jpg


◇画像の提供は、地元帯広緑が丘在住の方から協力していただきました。感謝いたします。

《参考:おびひろ氷まつり花火中継映像》
http://www.ustream.tv/recorded/12319649#utm_campaigne=synclickback&source=http://www.tokachi.co.jp/ice/&medium=12319649
[PR]
by hombetu | 2011-02-05 05:42 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)