小学生が長靴アイスホッケー

 本別町教育委員会が開設する体育スポーツ学校「あかげら少年団」の今年度後期の第2回講座がこのほど、本別中央小敷地内の町民スケートリンクで開かれました。
 「あかげら少年団」(後期)」は、スポーツが苦手と思っている子供たちや、普段スポーツをする機会の少ない子供たちを対象に、冬季スポーツや各種レクリエーションを通じて、自らスポーツに親しむ意欲を持たせることを目的に活動しています。
 今回、子供たち、長靴アイスホッケーに挑戦しました。
《参考:長靴ホッケー》



 長ぐつアイスホッケー(ながぐつアイスホッケー)は、スケートシューズの代わりに長靴を履いてプレーする、アイスホッケーの別形態。
1978年に、北海道釧路町で冬期間の町民の運動不足解消のためにアイスホッケー元五輪選手、森嶋勝司らによって考案された。1チームは8人で構成され、前後半それぞれ5分間の10分間が1試合となる。スケートシューズではなく長靴を使用するため、リンク上では滑るのではなく走ることになる。そのため、転んだり絡み合ったりして、観客の笑いを誘う試合となる。スケートができない人でも参加することができる。

ルール/装備
ヘルメット、肘あて、膝あて、長靴を装備する。
パックには、ウレタンボールを使用する。
1チームはゴールキーパーを含めて8名で構成される。
味方ゾーンを攻められている時には、攻撃側のフォワード選手は守ることは許されず、味方ゾーンに入ることも許されない。
大規模な大会としては、1986年に北海道選手権大会が初めて開催され、2005年には初めての全国大会が開催された。 また、北海道のほかにも、全国各地で大会が開催されている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E9%9D%B4%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC
[PR]
by hombetu | 2011-01-29 17:21 | 本別町の様子 | Comments(0)