「菓子の家」が来春帯広へ移転

 本別の 洋菓子店「菓子の家」写真上)が、来年春に帯広市に移転することになりました。b0171771_22282494.jpg 有限会社「菓子の家」は、佐藤孝之さんがオーナー社長として1997年(平成9年)4月1日に創業。原料へのこだわりとオリジナル性を重視し、本別を代表する洋菓子店として知られています。
 各種洋菓子とケーキの中でも、シュークリームはスペシャル・バニーユ250円、大納言シュー250円、生クリームシュー250円、ジャンボシュークリーム1000円とシュークリーム100円と種類も多彩で、新鮮で濃厚な味を求めて、町外からも連日お客さんが訪れています。b0171771_22295153.jpg
 今回の移転は、佐藤社長が多くの消費者にオリジナル洋菓子の美味しさを提供すべく、新たな挑戦に立ち上がったものです。
 来年3月末で、本別の現店舗を閉店し、5月上旬をめどに帯広市西9南11の新店舗で営業を開始する計画です。
 店舗の規模は現店舗の約1.5倍で、従業員数を現在の8人から15人体制に増員する予定です。



[PR]
by hombetu | 2010-12-15 22:23 | 本別町の様子 | Comments(0)