「農大市」、授業で育てた野菜や肉販売

 毎年恒例の北海道立農業大学校の学生たちによる 農産物の即売会「農大市」 が、10月16日(土)、機械格納庫で開かれ、新鮮野菜や酪畜加工品を求めて大勢の買い物客でにぎわいました。b0171771_702716.jpg
 畑作園芸経営学科、畜産経営学科、農業経営研究科の学生が、授業の一環で生産・収穫した豆類や根菜類、牛肉などを格安で販売。パン、ソーセージ、チーズの加工製品に加え、今年は300円の野菜詰め放題やばら売りコーナーも開設しました。
 開場の4時間前から買い物客が駆け付け、販売開始前にはブース前に長い列ができました。
[PR]
by hombetu | 2010-10-30 07:00 | 本別町の様子 | Comments(0)