8月平均気温、統計開始以来最高

 帯広測候所が9月1日まとめた8月の十勝管内の気象概況によると、帯広の月平均気温は23.4℃と平年値より3.4℃高く、1892年の 統計開始以来最高 を記録しました。また、最高気温の月平均は29.2℃で歴代1位タイとなりました。
 8月は25℃以上の夏日は27日で、平年の15・7日を大幅に上回り、30℃以上の真夏日は15日と平年(5.0日)の3倍に。それぞれ歴代2位タイの多さとなりました。6~8月の3カ月では夏日が61日と同2位、真夏日は23日で同6位と今年の夏の暑さが、はっきり数字に表れました。
 管内アメダスの月平均気温は、帯広を含め19観測地点中17地点で最高値を更新。8月6日夜から7日朝にかけては新得、鹿追、上士幌、更別、広尾で最低気温が25℃以上の熱帯夜となりました。
 なお、本別でも、8月の月平均気温は22.9℃、最高気温の月平均は28.9℃、25℃以上の夏日は25日、30℃以上の真夏日は12日を記録しました。
《写真:暑い夏を耐えるおびひろ動物園のシロクマ》
b0171771_4221958.jpg

[PR]
by hombetu | 2010-09-08 05:22 | 本別町の様子 | Comments(0)